男性

ハチ退治は生態や習性を知った上で行なう|冷静な対処が可能になる

ハチの巣を見つけたら

女の人

スズメバチはもちろん、アシナガバチ駆除、ミツバチ駆除は自己流で行うと危険が伴います。安全に駆除するには、ハチの生態を熟知したプロの業者に依頼することがおすすめです。ハチ駆除の業者は、比較サイトで検索したり、業者のホームページで情報をチェックしてから依頼しましょう。

詳細へ

生態や習性を把握

作業員

自力での撃退は低コスト

ハチを見慣れている方であれば、もしこれが発生した場合でも、むやみに近付かず冷静に対処することが出来ます。一方で、都会暮らしの方などは、もしハチを見かけた場合、「刺されたらどうしよう」とパニックになり、むやみに近づいたり攻撃し、返り討ちにあうことがあります。しかしながら、インターネットが普及する現在では、簡単に情報収集することが可能で、ハチの習性についてもすぐに検索できます。これらをしっかり把握しておけば、ある程度は冷静に対処することが可能になるでしょう。もし、ハチを退治しなければならなくなった場合、業者を呼ぶなり自力で撃退することになりますが、自力の方法も人気を集めています。なぜなら、市町村が防護服などを貸し出してくれるケースが多いため、退治に必要な費用が安くすむからです。

知っておくべき習性

ハチを自力で退治するためには、その生態や習性についてあらかじめ情報収集しておかなければ、痛い目にあうかもしれません。例えば、ハチは黒を敵だと認識する習性があるため、退治を行うときにこのような色の洋服を身にまとうことは、危険となります。したがって、黒に近い茶色やグレーなどの色は基本的に避けるべきということになります。また、匂いに対して向かってくる性質も持っているため、香水や整髪料、ペンキなどの匂いを漂わせてはなりません。このような基本的な習性については、必ず理解しておかなければなりません。加えて、ハチはどの時間帯に退治すべきかという問題についても、その習性を理解しておけばおのずとわかります。ハチは昼間に活動する生物で、夕方になれば、帰巣する性質を持っているため、これを利用することがポイントです。つまり、白っぽい服装と匂いのない状態で防護服やネットを着用し、夕方から夜間の時間帯において、巣に向けてハチ用の殺虫剤を根気よく振りまくことが撃退法です。

効き目のある鳩駆除

ジャケットの男性

ベランダにテグスを張っただけで鳩は近づかなくなります。これは鳩が身体に何かが触れるのを極端に嫌う習性を持っているからです。また、それ以外の方法では結束バンドとビデオテープが効果的な駆除方法になります。

詳細へ

駆除と衛生状態の改善

作業員

コウモリに住み着かれると、その住宅では糞や夜間の騒音、病原菌などによる被害が発生します。これらは、燻煙剤や忌避剤を使ったコウモリ駆除で防止できます。しかし長く住み着いていた場合、駆除後にも住宅に糞や病原菌が残ることがあります。この場合は、業者に清掃や殺菌消毒を依頼すると、衛生状態が改善されます。

詳細へ