駆除と衛生状態の改善|ハチ退治は生態や習性を知った上で行なう|冷静な対処が可能になる
主婦

ハチ退治は生態や習性を知った上で行なう|冷静な対処が可能になる

駆除と衛生状態の改善

作業員

コウモリは、住宅の屋根裏などに入り込み、住み着くことがあります。コウモリに住み着かれると、その住宅では様々な被害が発生することになります。糞で天井板が汚れたり、そこから不快な匂いが室内に入ってきたりするのです。また、コウモリは夜行性なので、人が寝静まる頃になると、活発に動き始めます。そのためその音によって、落ち着いて過ごせなくなったり、睡眠が妨害されたりすることもあります。さらにはコウモリの体には寄生虫や病原菌がついていることが多く、それによる被害が発生する可能性もあるのです。しかしこういった被害は、コウモリ駆除によって全て防ぐことが可能です。そしてコウモリ駆除は、駆除用の燻煙剤や忌避剤を使用することで、手軽におこなうことができるのです。

ただし、コウモリが長く住み着いていた場合には、コウモリ駆除をするだけでは快適な生活を取り戻すことはできません。というのも、コウモリがいなくなったとしても、糞や寄生虫や細菌は残るからです。これらが残っている以上、不快な匂いも不衛生な状態も続くことになります。したがってコウモリ駆除後には、これらを処理することも必要と言えます。具体的には、清掃と殺菌消毒とをおこなうのですが、個人で屋根裏などでこれらの作業をおこなうことは簡単ではありません。病原菌に感染する可能性もあるので、多くの人が作業を清掃業者または害虫駆除業者に任せています。業者は、オゾン水などを使って、天井板に染み込んだ汚れなどもしっかりと除去します。これにより衛生状態が改善されれば、安心して生活できるようになるのです。